声のかけ方(太田)

公式戦とか大事な試合は緊張します。
その時、緊張している仲間にどんな言葉をかけますか?
私が気になったのは「ビビんなよ」とか「緊張するなよ」といった言葉です。
みんな、その人のことを想って声かけをしていると思いますが言われた人はどうなるでしょうか。
私は逆効果ではないかなと感じています。
こう言われたらどうですか
「美味しそうなバナナの皮をむいて食べる自分を想像しないでください」
今は文章なのでなんとかなると思いますが、口で言われたとすれば想像しないでくださいと言われても手遅れです。
「ビビる、なよ」「緊張する、なよ」
後から打ち消しても体はすでに反応しています。
「慌てるな」
も同じです。
これからは少し声のかけ方を考えてみてください。
「楽しんでこい」「リラックス」「スマイル」「落ち着いて」なんかいいのではないでしょうか

私もよく試合前に緊張の話をしますがあれは緊張することは当たり前だということを伝えています。
練習でできることの半分くらいしか試合ではできないということです。
だからもっと練習の質を高めてほしいという意味です。

マイナス言葉をなくし、プラス言葉でチームの雰囲気をよくしていきましょう。

東海大学付属静岡翔洋高等学校

静岡県静岡市清水区折戸三丁目20番1号 TEL 054-334-0726(高校代表) FAX 054-334-0827(高校・中等部共通)

東海大学付属静岡翔洋高等学校中等部

静岡県静岡市清水区折戸三丁目20番1号 TEL 054-334-1851(中等部代表) FAX 054-334-0827(高校・中等部共通)

TOKAIスポーツアカデミー(ジュニアチーム)

静岡県静岡市清水区折戸二丁目14番36号  TEL 054-395-9764 FAX 054-395-9764