5.9コース(清野)

守備の基本


【チャレンジのプライオリティー】

①インターセプトをねらう

②前を向かせない

③振り向き際をねらう

④遅らせ、コースを限定する

⑤スライディング


【マークの3原則】

①ボールとゴールを結んだ線上に立つ

②インターセプトがねらえる位置(距離)

③背後をとられない位置(距離)


言い方には少し違いがあるかもしれませんが

守備をするうえでは基本になります。


【マークの3原則】は相手がボール保持しているとき 

【チャレンジのプライオリティー】は相手にボールがわたる前から、わたってからの対応の基本


今日は守備がしっかりシュートコースに入るトレーニングをやりました。相手のドリブルに我慢してついていくことが、まだまだできません。


重心を低くすることや相手が切り返してくると予測し、右にも左にもついていける自然体の状態を作るクセもつけないと1vs1でやられてしまいます。もっと各自が工夫した守備をしていかねばなりません。


技術はパスやドリブル、シュートだけではありません。

守備の技術も基本に忠実にやっていきましょう

東海大学付属静岡翔洋高等学校

静岡県静岡市清水区折戸三丁目20番1号 TEL 054-334-0726(高校代表) FAX 054-334-0827(高校・中等部共通)

東海大学付属静岡翔洋高等学校中等部

静岡県静岡市清水区折戸三丁目20番1号 TEL 054-334-1851(中等部代表) FAX 054-334-0827(高校・中等部共通)

TOKAIスポーツアカデミー(ジュニアチーム)

静岡県静岡市清水区折戸二丁目14番36号  TEL 054-395-9764 FAX 054-395-9764