中等部 スタッフ通信

2019年度が終えました。 各学年、各々、いいこともあり悔しいこともあり、新たに挑戦するべき課題を見つけれた年になったはずです。 年度末は世の中としても学校としてもバタバタしました。 きっとこんな年はなかなかありません。 ただ今だからこそできることが必ずあるはずです。 2020年度がスタートします。...
中村碧斗です。 今年度を持ち、翔洋を辞めることになりました。皆様の前で挨拶することができませんでしたので、掲示板にて挨拶させてください。 保護者の皆様...
日頃よりサッカー部の活動に多大なるご支援・ご協力をいただき深く感謝いたします。 さて、現在発生している新型コロナウイルス感染症が拡大している状況、学校の一斉休校の影響も含め、中等部サッカー部の活動を2/29(土)~3/15(日)まで活動をしないと決定をさせていただきました。...
県リーグや試合などが無くなり気持ちが抜けているかもしれません。 しかしなぜグラウンドに毎日立ってトレーニングに励んでいるのか今回の自宅待機時間に考えてみましょう。 具体的に何をどうするのか、それによりどう変化するのかまで深く考えてみましょう。 時が経つのも早くもう入学して一年が経とうとしています。 この一年間はどうでしたか。...
今日はゴール前の動きを意識した 練習をしました 走り込みながらのプレーや タイミング、ステップワークなど たくさんの課題がみつかりました 練習はうまくやるためのもの ではありません。 試合でうまくいかなかった部分を ピックアップしてやっています...
今日は今後についての重要な会議で グランドにいくことができませんでした 今ある環境は 当たり前ではありません 今テレビや新聞で騒がれている 見えないウィルスの影響は 私たちのすぐ近くまで来ています 今できることは 何なのかを一人一人が考えて 行動しよう 思いきりサッカーに打ち込む時間や 場所があることは 当たり前ではありません...
前節が延期になった関係で今日から開幕しました。 まず、試合前からフワフワしており予定も把握しておらず、ふざけていてアクシデントを起こしては試合どころではありません。 きっと県リーグといえば練習試合以上に出場したいはずです。 しかし良い準備ができていなければ試合に出てもパフォーマンスができずに評価されてしまいます。...
サッカーをする上で運動量は絶対だと思います。 相手以上に走れて踏ん張れること。 しかしフルで走り切れることはなかなか難しいことです。 ではどうするか。 頭(脳)を使って予測をすることや人を動かすことが大事になってきます。 試合を終えたときに体力的に疲れたではなく頭(脳)も疲れたと感じるくらい考え行動することが大切です。...
普段と違うときこそ 成長するチャンスがあります 今日は ベンチのテントが舞い上がるくらいの 強風&雨の中の県リーグでした 普段の力を出しきれず 奪ったボールを簡単に失うことが 多くなってしまいました ●ファーストタッチのボールの置き所と質 ●1人目が抜かれたあとの2人目のアプローチのスピード ●縦が多くなり幅が使えなかった...
覚悟とは 危険な状態や好ましくない結果を予想し、それに対応できるよう心構えをすること。 「決死の覚悟」 「危険は覚悟の上だ」 「 覚悟はできている」 人は生活の様々な場面で 【覚悟】をもち行動や発言をしていると思います 翔洋中を受験したとき 勉強面も生活面もおろそかにしてはならないと 覚悟をもち入試に挑んだことと思います サッカー部に入る際にも...

さらに表示する